MAIN NAME


カード・ローンとキャッシングの違いって何

生活をしていると、どうしてもお金が必要となる事は決して珍しい事ではありません。 勿論自分の手持ちや預貯金で対応できればいいのですが、家や車等高額な買い物などは特にローンを組む人も多く居ます。 ただそれらを利用する時はしっかりとそういう借金について理解してから利用する様にしましょう。 では今回はなかなか区別がつきにくいカード・ローンとキャッシングについてみていきます。 一般的に、少額の融資の事をキャッシングと呼びます。 以前はATMでお金を引き出して、翌月決められた日までに一括で返済する事を言っていましたが、最近では少しずつサービスが変わってきて分割でも返済できるようになってきました。 カード・ローンは個人向けの無担保融資の事を言い、その返済に関しては分割でOKという事になっています。 しかもその時は金融機関から発行されたカードを利用する事ができるので、その点は非常に便利な物です。 ただこうして見てみると、なかなかその違いが分かりにくいかもしれません。 しかし両者にはまだこれ以外にも違いがあります。 その一つが審査と金利です。 すぐに融資を受ける事が出来る為、実はキャッシングの方が審査が緩いのが一般的となっています。 しかし実際には借りやすいのですが金利は少し高めになってしまうので、どちらを使うかを選ぶ時は自分にとってどちらがお得かをしっかりと考えるようにします。 その時は、借入額・完済までの期間等で考慮するようにしましょう。

家の増改築に活用したいリフォームローン

皆さんの中には一戸建てに住まわれている方も多くおられると思います。 家は利用してゆく中で建物の内外装などが年月の経過などで劣化してゆき、段々と古くなってしまうものです。 そしてこれらの劣化を治すために、家のリフォームなどの対応が必要となってきます。 この場合には、施工する範囲や内容によりリフォーム費用の金額が異なるのですが、施工のついでにあれこれ他の場所も手を加えたくなり、費用が増加してしまうケースも少なくありません。 そこでリフォームローンの利用を行い、予算のオーバー分を借りて対応するのです。 このローンは利用目的が建物の増改築などに限定されているもので、土地や建物の担保なども不要で借りる事が可能となっています。 利用に際しては申請を行い、独自の審査が行われて問題なければ利用が可能となります。 このリフォームローンにおいては、金利の設定が比較的高めとなっていますが、無担保など利用のしやすさなども有り多くの方が利用しているのです。 これらの利用目的の決まったキャッシングサービスは多くの会社が提供していますが、利用する限度額や金利などの条件が各社で異なります。 ローンを検討される際には、インターネットの比較サイトなどで各社の特徴をよく調べる事が大切となってきます。 そしてローンを利用する際には、事前に返済のシミュレーションを行う事も可能ですので、これらも含めて検討をしてみる事も大切なポイントとなります。

カードローンとフリーローンは何が違うの?

カードローンもフリーローンも、資金使途は自由のローンです。 一見すると目的は同じように見えますが、金融機関においては、いずれのローンも扱っていることがあります。 ということは似ているようで何か違いがあるということです。 その違う内容としては、カードローンを申し込むと審査の結果、利用限度額や借入限度額といった一定の枠が設定されます。 利用者はこの枠の範囲内であれば、何度でも自由に借り入れが可能です。 発行されたローンカードを用い、ご自身の必要に応じてATMから借り入れを行ったり、場合によってはインターネットなどで手続きをして、自分の口座へと振り込みによる借り入れができるのです。 いつ、いくら借りるのかが一定の枠の範囲で自由という仕組みがあります。 これに対してフリーローンは、希望額の借り入れ申し込みを行い、審査の結果、その希望額を一括で借り入れすることになります。 借りる方法はカードによる引き出しではなく、ご自分の口座へ一括入金という形が取られます。 事業性の資金をのぞき、基本的にどんな用途に使っても自由ではありますが、必要に応じて少しずつ借り入れができるのか、それとも、まとまった金額の資金ニーズに応じて一括で借り入れをするのかの違いがあるといえるでしょう。 また、カードローンは無担保ローンであるのが基本ですが、フリーローンには無担保タイプのほか、有担保ローンもあります。 有担保ローンは不動産を担保にして貸し付けをおこなうため、担保価値によっては1億円など大きな額の借り入れも可能となります。

▲pagetop