MAIN NAME


【キャッシング辞典】為替レートを決める外国為替相場

外国為替相場とは為替レートを決めるマーケットを指します。 相場という言葉が使われていますが、一つの取引所で取り引きされているわけではありません。 株式なら各国に代表的な取引所があって、例えば日本なら東京証券取引所で取り引きされていますし、アメリカならニューヨーク証券取引所で取り引きされていますが、外貨の取引は特定の取引所で行われているわけではありません。 外貨を取り扱っている金融機関同士が2者間で取引を行っていて、多くの金融機関の取り引きを総称して為替市場と呼んでいます。 この点が株式や先物などの取り引きとは大きく異なっていると言えるでしょう。 金融機関同士が行う取引のことをインターバンク市場と呼びます。 インターバンク市場で取り引きされる金額は非常に大きく、個人が外貨預金や外国為替証拠金取引を行う規模とは桁違いです。 インターバンク市場に参加しているのは外貨を扱っている銀行や為替ブローカーなどで、このような金融機関の取り引きによって決定されるレートがニュースなどで為替レートとして公開されています。 ですから、外国為替相場と言ったときにはインターバンク市場を指すと考えておけば良いでしょう。 個人が外貨預金や外国為替証拠金取引などを行ったときには金融機関で取引を行うことになりますが、これは最終的にインターバンク市場につながっていますから、広い意味で考えれば個人が行う取引も外国為替相場の一部と考える事もできます。

便利なホームページのご案内

▲pagetop