MAIN NAME


緊急時に利用できるお金の借り方とは?

お金が必要になった場合、それも緊急性が高い場合には、どのようにお金を借りたらいいのかと戸惑ってしまうことも少なくないでしょう。 緊急時には、それだけで焦ってしまって、判断がなかなかつかなくなってしまいますが、そんな時に是非思い出していただきたいサービスを紹介させていただきます。 それは、カードローン、キャッシングという金融サービスです。 これらは、ほとんど同じ内容のサービスですが、金融機関によって呼び名が異なっています。 いずれにしても、審査に時間が比較的かからない即効性のあるお金の借り方とされています。 その理由は、審査の速さです。 通常銀行等の金融機関でお金を借りる場合は、申し込みをしてから審査を行いお金を借りるまで、最低1週間はかかります。 ところが、カードローン、キャッシングサービスにおいては、最近では30分で審査を完了するというサービスもスタートしています。 つまり、お金が必要と思って申し込んですぐに、お金を借りるための条件が整うということになります。 また、このサービスについては、通常のローンのように一回だけの取引ではなく、設定された限度額の中で、何度でもお金を借りることができるということです。 そして、カードを利用して提携のATMからお金を借りるという手続きでお金を借りることができますから、銀行のキャッシュカードからお金をおろす方法とほぼ同じにお金を借りることができるという利便性があります。 急いで消費者金融から今日中にお金借りるには、各種便利なカードローンが便利です。 アコム申し込む前に読むべき7つのポイントなら、土日などの休日にもご利用ができます。

【キャッシング辞典】高くつく延滞損害金は避けたい!

お金を借りると、利息を付けて約束した返済日に返済する必要があります。 にもかかわらず、約定返済日に約定額を返済せず、履行遅滞に陥ると延滞損害金が発生します。 これは延滞利息や遅延損害金と呼ばれることもあります。 延滞損害金は民法などで定められた債務不履行に基づく、債権者から債務者に対する損害賠償請求です。 キャッシングやカードローンを申し込む際、商品概要に適用利率のほか、遅延損害金20.0%などと書かれているので、 返済が滞った場合に上乗せされるペナルティーの利息と思われるかもしれません。 確かに、ペナルティーであることに変わりはありませんが、法律上は利息ではなく損害賠償請求権であり、 債権者と債務者が同意した契約を違反したことに対する制裁としての意味があります。

通常返済の利息と同じように一定の利率によって定められるので、利息として軽い気持ちで考えがちですが、法的には損害金と利息とは別のものですので注意しましょう。 履行遅滞に陥り、債権者からの催告を受けてもなお返済ができないと、期限の利益を失い、残額を全て返さなくてはならなくなります。 その時点の残額を返せばいいのではなく、実際に支払ができるまでの利息と、遅滞に陥った時からの延滞損害金がプラスされますので、返済が遅れれば遅れるほど、支払いの負担は増大していきます。 もちろん、たまたま口座にお金を入れ忘れたとか、返済日を忘れただけで、直ぐに返済できれば、損害金の額も抑えられますが、余計なコストは避けたいものです。

▲pagetop