MAIN NAME


金利マジックを利用するキャッシング

金利は、借りたお金に対して返す時に絶対に払わないといけない手数料を指します。 そして、借りた金額と返すまでの日にちによって算出されます。 金融機関は年利を表示する決まりがあるので、どの金融機関も、サイトを見ればどれだけの利息がかかるのかが一目瞭然です。 他の金融商品とキャッシングの金利には違いがあります。 それは日割りで発生するという点です。 この日割りがどういうことかというと、借りたその日から金利は発生しますが、借りてすぐに返せばこの利息は非常に安くて済みます。 この点を理解しておけば、収入が入る見込みがある日まで極力がまんすることができます。 一日でも多く我慢すればそれだけお得にキャッシングすることができるのです。 この利点を上手に活かすことができます。 例えば、週末に飲みに誘われたとします。 その時にATMからお金を引き出そうとすると当然手数料がかかってきます。 休日であるならば下手したら210円取られる場合があります。 しかし、ここでキャッシングを利用すればどうでしょうか。 借りる金額が1,2万円で、明日すぐにお金を返してしまえば、実際にかかる利息はというと100円もかかりません。 つまりATMより安いお金で現金を手にすることができるということです。 これは当然次の日に返すことが前提になっています。 このように、お金を借りる際にかかってくる利息を計算して、どのように発生するかを抑えておけば上手に節約することも可能です。

【キャッシング辞典】ユーザーにとってメリットが大きい「プロパーカード」「提携カード」とは?

プロパーカードとは、カード会社が他の会社と提携せずに自社だけで発行するクレジットカードのことをいいます。 こういったカードを使うメリットは、どこの会社のサービスを受けるときでも使いやすいということです。 競合する企業が多い航空会社や百貨店などでこういったカードは重宝します。 航空会社と提携しているクレジットカードは多いですが、そういったカードを利用して航空券を購入する時に他社の航空会社の提携カードを使って購入するのは気が引けるという場面も多いです。 そのような場合にどこの会社とも提携していないプロパーカードを使えば気兼ねすることなくどこの航空会社のチケットも購入可能となります。 同じように複数の百貨店を利用する場合でもこのカードが使えます。 将来ゴールドカードやプラチナカードを使いたいという場合にはプロパーのカードを使うのが前提条件となっています。 プロパーカードを利用していない人にはカードのグレードアップの招待状を出さないカード会社が大半だからです。 そして提携カードとは、カード発行会社が企業や店舗、特定の団体などと提携して発行するクレジットカードのことです。 日本で発行されているクレジットカードの大半はこの提携カードとなっています。 企業と提携を行っているカードの一番大きなメリットは商品やサービスの割引サービスやポイントサービスなどの、カード会社と提携している企業の提供している様々な特典やサービスを受けられることです。 このため、自分のよく利用する施設や店舗などのカードを持てば、ユーザーは大きな恩恵を受けられます。

便利なホームページのご案内

▲pagetop