MAIN NAME


低金利のカードローンでお金を借りる

お金を借りるなら、低金利にこだわるべきです。 カードローン業者のホームページを見れば、必ず金利が記載されているはずです。 実質年率11%といった表記は非常にわかりやすいです。 契約時の金利は必ず11%になるのが決まっているからです。 11%〜18%という表記になると、金利を予測することはできません。 誰しも11%で借りたいでしょうが、金利を決めるのは業者側となります。 何%を適用するかは、審査のあとに決定するため、相談の時点ではわかるものではありません。 そのため、このような金利の場合は、最高金利の18%になると想定しておいたほうが無難です。 金利に幅を持たせている理由は、借入額によって金利を変えるからです。 住宅ローンは3%といった低金利で融資してくれますが、30年という単位で借りた場合、数百万円は軽く超えてしまいます。 借入額が大きいので、金利が低くても利益が出るのです。 これがカードローンといった少額融資になると、3%で融資することはほぼ不可能となります。 17%台、もしくは18%の金利になることが多いです。 金利が低くなるタイミングは、限度額が増額されたときです。 たくさん融資できれば、金融機関側としてはも金利を引き下げることが可能となります。 最終的には10%くらいまで金利が下がることがあります。 3%という金利はカードローンでは現実的ではありませんが、700万円や1,000万円といった高額融資となれば可能性はあります。 即日融資でお金を借りたいときもチェックしましょう^^

【キャッシング辞典】いつでも使えて便利でお得なネットバンキングとは

現在、一般的な都市銀行や地方銀行のほか、店舗を持たないネット専業銀行なども増えています。 この点、ネットバンキングというのはネット専業銀行での取引に限定されるのではなく、店舗を持つ銀行が提供するインターネットを使った取引も含まれます。 銀行の店舗窓口は平日の15時までしか利用できません。 また、ATMの利用も稼働時間が限られていたり、一定時間以降は手数料が取られたり、給料日前後や公共料金等の支払い締切が迫る月末などには長蛇の列となり利用しにくいことがあるのではないでしょうか。 そんな時に、ネットバンキングの申込みをしておけば、自宅や職場のパソコンや、スマートフォンやモバイルを使って外出先や移動中でも気軽に振込みや残高照会等が可能になるのです。 利用の仕方は各銀行によって異なりますが、口座の開設やキャッシュカードの申込み以外に別途、ネットバンキング利用の手続きが必要になります。 手続きが完了すれば、自分専用のマイページが作成され、専用のIDとパスワードを使ってログインすることで利用可能になります。 利用できる機能は残高照会や振込、振替といった基本機能のほか、口座内のお金を使って定期預金をその場で直ぐに作成したり、外貨預金を行ったり、投資信託の購入ができるケースもあるでしょう。 また、国民年金保険料や健康保険の保険料、各種税金の支払いなどがその場でできる便利なサービスも利用できます。 こうした多彩なサービスを、メンテナンス時間をのぞき、24時間365日利用できるのが何よりの魅力です。

▲pagetop