MAIN NAME


おすすめのキャッシング会社の選び方

キャッシング会社の選び方はいたってカンタンなのです。 昔であれば、とにかく1社ずつ電話をかけて決める方が多かったものです。 スタッフの対応を確かめながら、安心できそうなところを選んでいくのです。 現在はインターネットが普及したため、このような探し方をする人はほとんどいません。 ネットのキャッシング会社比較サイトによる選び方が一般的なのです。 これはキャッシングに限ったことではなく、何かのサービスを利用するときは必ず比較しなければいけません。 比較をすれば、それぞれの業者の特色がよくわかってくるものです。 それがメリット・デメリットのどちらであれ、比較して初めて判断できるのです。 インターネットの比較サイトでは、とにかく金利比較はしっかりと行いましょう。 それ以外の比較に関しては、あまり重要ではないのです。 最高借入額500万円などと記載していても、これは実際に業者と交渉をして詰めていくことで金額が決定されるわけです。 最高借入額が大きいから、たくさん借りられるという考えは持たないほうが無難でしょう。 金利に関しては、とにかくじっくりと比較するべきです。 金利の数%をバカにしてはいけません。 利用者にとって金利は出費なので、とにかく抑える必要があります。 18%と14%ではたった4%の違いですが、いざ返済するとなると負担の重さは相当に違ってきます。 14%の金利の場合、返済額は少なくなり、さらに返済期間も短期化するなど、多くのメリットを受けられるでしょう。

【キャッシング辞典】エムアイカードを使ってお金を借りるには

お金を借りるには、まずエムアイカード専門のカードを作る必要があります。 このカードはいくつかの有名な百貨店が発行しているカードで、発行している百貨店によってデザインが異なるのが大きな特長です。 このカードに申し込むには、日本国内に住んでおり、入会申込書に日本語で記入ができる18歳以上で毎月安定した収入がある人及びその配偶者と家族、高校生以外の学生で、会員規約に同意できる人となっています。 なお、このカードを未成年の人が作る場合は保護者の同意が必要となります。 カードは一般とゴールドの2種類があり、どちらも所定の年会費が発生します。 このカードのキャッシング枠は5万円から90万円までとなっており、返済期間は1ヶ月から60ヶ月間で設定できます。 返済方式は残高スライド方式のリボルビング払いです。 エムアイカードにはローン専用のカードもあり、このローンカードの最高限度額は300万円までとなっています。 実質年利は8パーセントから14.80パーセントです。 このカードで融資を受けるときは4種類のタイプから選ぶことができます。 年収300万円程度の人に最適な最高限度額50万円のコースと100万円のコース、年収700万円以上の人に向いている200万円のコースと300万円のコースがあります。 この融資はコンビニや銀行のATMなどから気軽に受けることが可能です。 なお、このローン専用カードの年会費と入会金は一切無料となっています。

便利なホームページのご案内

▲pagetop