MAIN NAME


フリーローンのカードローンでお金を借りる

最近ではカードローン、またはクレジットカードのキャッシング枠のカードを一枚くらいは誰でも所有しています。 コンビニATMの前に立って暗証番号と必要な金額を入力すれば、その時点でお金借りることになります。 実に簡単に借り入れができて、そしてカードローンは目的を限定しなくてよいローンで、事業目的でなければなんに利用しても良いことになっています。 旅行費用でも車検代でも、ギャンブルにだって利用して良いのです。 このように目的が限定されなくて、そして簡単に借り入れでき、尚且つ保証人などの担保も必要ありません。 そのことによって金利は少し高めに設定されていますが、上限金利は利息制限法により決められているので、かつてのように金利がばらばらと言うようなことはなく、一定の範囲内での金利になっているので、銀行系のカードローンも消費者金融のカードでも有利不利はないでしょう。 また、一時、消費者金融は取り立ての厳しさなどが問題になりましたが、貸金業法の改正によって無謀な取り立ても禁止され、昔のようなイメージではありません。 総量規制もあって、際限無しに借り入れすることができると言うことはありませんが、急な用立てなどはカードを使うことが一番手っ取り早く簡単です。 しかし、借りたものは返す、この当たり前のことを怠ると一定期間借り入れが出来なくなってしまいます。 信用情報機関に事故登録されてしまうと、その登録されている期間、5年〜7年くらいはカードを申し込んでも否決されることは確実です。 ルールと義務を果たして上手にカードローンを利用しましょう。

【キャッシング辞典】家を買った後もリフォームローンで快適生活

マイホームを購入する時には、多分ほとんどの方が住宅ローンを活用されると思います。 何千万円もする高額な買い物ですから、現金で買うのは難しく長期のローンが必須となります。 もっとも、新築で買ったマイホームは年数が経つにつれ老朽化し、修繕の必要が出てくることもあります。 また、家族が増えて増築の必要性が生じたり、高齢のご両親を迎えるにあたりバリアフリー化が必要になったり、住んでいる間にもっと使い勝手のいいキッチンやバスルームに変更したいと希望されることもあるでしょう。 こうした事態が生じる時にはまだ住宅ローンの返済中であったり、お子さんの教育費がかかる時期であることも少なくありません。 リフォームしたくても資金が足りない、貯蓄では賄えないということもあるのではないでしょうか。 そんな時に役立つのが、リフォームローンです。 マイホームの増改築やメンテナンス、システムキッチンへの改装、トイレやバスルーム廊下や階段などのバリアフリー工事、環境に配慮した住宅設備の設置工事などの費用に必要な資金を借りることができます。 銀行などで取り扱っているローンですが、中には、エコ改修やバリアフリー改修などの場合には、一般のリフォームに比べて貸付金利を優遇してくれる場合もあります。 環境に配慮した住宅設備というのは、たとえば、太陽光発電や家庭用燃料電池(エネファーム等)、エコキュート、エコジョーズ、エコウィルといった設備が対象になるでしょう。

便利なホームページのご案内

▲pagetop