MAIN NAME


返済方法が知りたいキャッシング返済方式

キャッシングの返済方式には、「一括返済」「リボルビング返済」「分割返済」があります。 では、例題からそれぞれの返済方法を詳しく見ていきましょう。 5万円を借りて30日が返済期日のケースを例にしてみます。 一括返済の場合、30日後に5万円+利息を一括で返済します。 リボルビング返済の場合、毎月の返済額を決めます。 1万円返済と設定したとすると毎月1万円を返済していき、最低でも完済には5ヶ月かかることになります。 ただしリボルビング返済の場合は、1万円の中に利息を含んで返済する元金返済と、1万円+利息を返済する元利返済があるため、元利返済をしていく方が返済期間が短く済むでしょう。 さらに細かく説明すると、リボ返済には「定額返済」「定率返済」スライド式返済」があり、その中の区分として元金返済と元利返済があるので、全部で7種類の返済方式が存在し少々複雑です。 各社で提供するリボ返済方式は平均して2〜5方式を提案していますので、はじめに確認しておいてください。 分割返済の場合、3回、5回、6回、8回・・・などというように決められた回数で返済します。 例えば3回分割なら1回の返済は約16,600円+利息となり、5回分割なら1回の返済額は1万円+利息、8回分割なら1回の返済額は6,250円+利息となります。 利息負担が少ないのは一括返済、ゆとり返済ができるのがリボ返済や分割返済です。 自分に適した方法で構わないのですが、キャッシングは早めの返済を心がけましょう。

【キャッシング辞典】手軽にお盆にお金を借りる

お盆休み等の時にお金が必要となった時、その日が平日であれば普通に用意する事が出来ます。 金融機関に関しては、一般的にはカレンダー通りの休みとなるので、土日に当たらない場合は大体は営業していると思って良いでしょう。 さて、お盆休みの時に急にお金が必要となった時、さすがにその休みが終わるまでそれがない状態で過ごすのはなかなか難しい物です。 しかも短い休みだからこそ、出来ればすぐに融資を受けたいと思うでしょう。 そんな時は出来るだけ即日融資を受けられるところを利用するのがお勧めです。 そうする事で、残りの日、お金がなくてどうしようもないという状態になる可能性が亡くなります。 金融機関の中にはスピード審査・スピード融資と言っているところも結構あるので、まずはそう言うところを利用しましょう。 ただ即日融資に関してはやはり条件があり、何時までに申し込みをする等がそれぞれの会社で決められているのでそれに従うようにするのが重要です。 もう一つは前もって申し込みをしておくという事です。 そうすれば借りる必要が出た時にすぐに融資をしてもらうことができるので、融資までの時間を気にする必要はありません。 転ばぬ先の杖、そんな感じで前もって準備をしておくのもお勧めです。 このようにすると、お盆の時に急に出費があって困ってしまった時でもそれほど困る事はありません。 ただもしかしたら必要になるかもしれないという感じで前もって借りておくのは注意しましょう。 借りるのは必要な額のみにする、それが非常に重要です。

便利なホームページのご案内

▲pagetop