MAIN NAME


【キャッシング辞典】低所得世帯のための教育支援資金

「教育支援資金」とは、厚生労働省の福祉事業の一環として行われている低所得世帯向けの貸付制度です。 実際の貸付運営は、都道府県にある社会福祉協議会が行っています。 「教育支援資金」には「教育支援費」と「就学支度費」の2種類が用意されています。 「教育支援費」は低所得者世帯に属する子供等が、高等学校、高等専門学校、短大、大学に就学するために必要な学費等の費用を賄う貸付です。 通学する学校ごとに貸付の上限額が決められており、高等学校は月3.5万円以内、高等専門学校および短期大学は月6万円以内、大学は月6.5万円以内で貸付を受けることができます。 また、「就学支度費」は低所得者世帯に属する子供等が、高等学校、高等専門学校、短大、大学に進学するための入学金など就学に伴う一時的な支出を賄う貸付で、一律50万円以内となっています。 貸付の対象となる低所得者世帯とは、収入が少ないために金融機関などの審査が通らず、他からお金を借り受けることが困難な世帯で、概ね住民税非課税世帯が目安となります。 収入がなく困窮しているわけですから、「教育支援資金」は無利子での貸付となっており、非常に手厚いサポートといえるかもしれません。 また、連帯保証人も原則として不要です。 返済は就学中は一切不要で、卒業後6ヵ月以内まで据え置き期間があります。 卒業して6ヵ月経過してからが返済のスタートとなり、その後、20年以内に償還すればかまいません。

便利なホームページのご案内

▲pagetop