MAIN NAME


【キャッシング辞典】教育ローンのメリット

最近では、高校生の2人に1人が大学へ進学する「大学全入時代」だと言われています。 特に女性の進学率は飛躍的に伸びており、大学への進学が当たり前になりつつあると言えるでしょう。 いざ自分や子供が大学に入ろう、という際に気になるのが、ずばり必要な費用です。 一般的に国立大学の場合、学費だけで4年間で500万円かかると言われています。 もしも遠方で一人暮らしをするとなれば、生活費を含めて1000万円近くの資金が必要になってきます。 子供が生まれた時から、毎月コツコツと貯金していれば、こういった費用には困らないのかもしれません。 しかし貯金する余裕がなかった場合でも、子供に進学を諦めさせる必要はありません。 こういう場合に役立つのが、教育ローンです。 これは様々な金融機関が、大学などの教育資金を目的として保護者に対して貸し付けるお金です。 大学の資金というと奨学金も思い浮かびますが、奨学金とは違って成績要件等がないため、比較的簡単に組むことができます。 また、奨学金は入学後の貸し付けが基本であるため、入学前の受験費用や入学金にあてることができません。 対して教育ローンならば、事前にまとまった金額が一括で支払われるため、こういった費用に充てることも可能です。 これは大きなメリットと言えるでしょう。 あくまでもローンであるため、利息がつきますが、国が提供している利息の低いものもあります。 利息なども計算した上でよく調べ、有効に活用するようにしましょう。 また、学費などで、クレジットカードで今すぐ90万円借りるには付帯するキャッシング枠を利用する方法があります。どちらから借入することになるにせよ、絶対にヤミ金には手を出さないでくださいね!

▲pagetop