MAIN NAME


【キャッシング辞典】キャッシングの審査で与信は決定されます

キャッシングにおいては、与信とは審査で決定されるものです。 これは、融資を申し込んだ人に対してどの程度の金額を融資するかという枠組みのことを指しています。 この枠を決めるための重要な要素は、融資を申し込む人の職業です。 正社員か、パート・アルバイトか、派遣社員か、自営業か、といった職業によって枠の大きさが決まります。 これらの職業の中で一番大きな枠が得られるのが正社員です。 正社員が一番大きな与信枠を得られる理由は、毎月安定した収入を得ているとみなされているからです。 正社員は一度会社に雇用されるとそう簡単に職場を辞めたり辞めさせられたりといったことはないため、最も安定しているとキャッシング業者から見なされています。 一方パートやアルバイト、派遣社員は、景気の動向によってはすぐに解雇されるリスクを抱えている人たちであるため、収入が不安定な人であるというイメージが強くなっています。 このため、会社員が一番多額の融資をしてもらえる可能性が高いのです。 職業に加えて、実際の年収によっても融資をしてもらえる額が決まります。 50万円以上の融資をしたいときに収入証明書を提出しなければならないのはこのためです。 パートやアルバイト派遣社員の場合は、キャッシング業者によってあらかじめ与信枠を決められていることが大半です。 その額は業者によってまちまちで、30〜40万円くらいのところもありますが、だいたい50万円程度を限度額と定めている業者が多いです。

便利なホームページのご案内

▲pagetop