MAIN NAME


【キャッシング辞典】銀行と消費者金融からの融資の違い

街の金融機関等からお金を借りる時、融資を受けると言う言葉が使われます。 法人または個人がこれら金融機関から資金を融通してもらうことを言い、消費者金融など個人を対象にした貸し出しも融資なのです。 この方法、個人で銀行などの金融機関から受ける場合と消費者金融から受ける場合には、違いも出て来るのです。 個人で融資を受けるパターンとしては、住宅ローンとか自動車ローンのような目的があってお金を借りる場合が多いのです。 銀行などから受ける場合は、基本的に目的がハッキリしていることに限られているのでした。 また希望者の信用力・とか財務力などを総合的に判断することから、貸し出しを受けるまで日数もかかるのです。 更には、返済が滞ったことも仮定して、返済の原資のための担保も設定することになるのでしょう。 これとは違い消費者金融では、目的を問わずお金を貸してくれます。 身分証明と収入証明があれば、簡単にお金を貸してくれるのでした。 また最近では、即日でもお金を借りることが出来る便利さもあり、お金を借りる方も増えているようです。 店舗に出向く必要もなく、自宅に居ながらにして借りることも出来るようになった消費者金融では、その利便性の良さがなんと言っても売りでしょう。 インターネット上からの申し込みが可能で、借り入れ・返済はコンビニのATMから可能という点も喜ばれているのです。 このように銀行からお金を借りる場合と消費者金融からお金を借りる場合では、相当な違いがあります。 また、別の方法として、例えば60万円借りたいときには、クレジットカードで今すぐ60万円借りるにはと検索すれば、もお金を借りれるクレジットカードが見つかるでしょう。

▲pagetop