MAIN NAME


■ キャッシングの審査方法を知りたい!

消費者金融など貸金業者におけるキャッシングを申し込むと、契約できるかどうか及び、いくら借りられるかの審査が行われます。 では、審査方法はどのようになっているのでしょうか。 まず、申込書類やインターネット等における所定項目の入力された事柄に基づいて、審査が行われます。 申込時には氏名や生年月日、住所などのほか、年収や勤務先、勤続年数、雇用形態、持ち家か貸家かの別、扶養家族の有無や人数を問われます。 年齢基準や本人であるかは、提出された本人確認書類をもとに審査します。 貸金業者は年齢や扶養すべき家族構成に見合った収入があるかや、安定した正社員であるのか、不安定なパートやアルバイトなのかを雇用形態から判断したり、継続して長く働いていける人なのかを勤続年数などから判断します。 また勤務先の知名度や規模等により、安定した雇用が望めるか等もチェックされるでしょう。 そして、自己申告に基づいた形式的な審査だけでなく、実際に勤務先などに在籍確認を行います。 中には既に退職していたり、実際に勤めていないのに、お金を借りたい一心で偽りの申告をする方がいるためです。 貸金業社名ではなく、個人名で行われるので、基本的には職場の人にバレる心配はありません。 一方、派遣社員の方やアルバイトなどの場合、社員管理がなされておらず、実際に働いていても在籍確認が取れない場合があるので注意したほうがいいかもしれません。 また、年収の3分の1までしか借りられない総量規制があるため、現在の他社を含めた借り入れ状況を信用情報登録機関に照合したり、収入証明書の提出を求めて事実確認がなされる場合もあります。

キャッシングの審査に落ちた原因を考える

融資を受ける方法にも多くの種類がありますが、特に手軽に申し込みを行える方法としてキャッシングがあげられます。 担保と保証人を設ける手間もありませんし、自動契約機やインターネット、電話など来店不要でも仕込める方法もいろいろと用意されていおり、審査や融資にもスピーディーに対応してもらうことができる、コンビニのATMでもお金を借りることができるなど、利便性が高いです。 でも、キャッシングは誰もが利用できるというわけではなく、やはり審査があり、その人に返済能力があるかどうかが判断され、基準をクリアすれば融資を受けることができるものです。 そして、中には審査に落ちてしまう人もあり、この場合は当然ですが、融資をうけることができません。 審査に落ちてしまった場合は、なぜ通れなかったのが審査に落ちた原因についても考えていきたいものです。 まず、キャッシングは安定した収入のある方が利用することができますので、無職であったり、職を持っていてもあまりに不安定であったり、定収入である場合は審査にクリアできないこともあります。 そして、年齢制限もありますので、年齢制限から外れている場合も当然利用できません。 そして、現在の借り入れ状況も審査されますので、すでに多くの借り入れがある場合はやはり難しくなります。 過去に金融事故を起こしている場合も審査に通れないことが多いものです。 それから特に問題がなくても書類に不備があれば通ることはできませんので、提出前にもう一度確認しておくことがおすすめです。

キャッシング審査甘いとはどんなことを意味するのか

キャッシングの申し込みをする際、誰もが心配になることがあります。 それは、キャッシング審査に自分が通るかどうかということです。 確かに、キャッシングを利用する前には、まずは審査が通らなければならないので、キャッシング審査については、誰もが不安に思うところです。 とはいえ、キャッシング審査が甘い金融機関や消費者金融があるという話もよく聞きますので、各社審査基準はまちまちであることも現実です。 実際に審査基準が甘い会社はどこということは、こちらでは明言を避けますが、ひとつ確かにいえることは、結果は何社か申し込んでみないとわからないということです。 審査基準については、企業秘密であり、どんな基準かを聞いたところで教えてもらうことはほぼ不可能です。 自分が希望する満額の審査がとおらなかったり、あるいは審査そのものが通らなかったりというケースにおいても、何社か申し込んだら通過することができたというケースはとても多くあるのです。 よって、結論ですが、どこの審査が甘いか?と考えたり調査したりするのではなく、まずはめぼしいキャッシングサービスのいくつかに問い合わせをしてみるということが大切です。 実際に審査が通ってしまえば、その基準がどうだったか?ということもまったく気にする必要もないのです。 いろいろな金融機関、消費者金融がキャッシングサービスを提供してくれますので、自分に合ったサービスと出会うことが一番大切です。 あきらめずに、問い合わせをするのがよいでしょう。

マイカーローンの審査が厳しくて通らない場合

車の購入というのは、現代の日本社会において移動の利便性を考えれば必要なことになる場合が多いです。 とはいえ、かなり高額の買い物になることは避けられません。 ですから、一括購入ではなく、ローン払いを利用して購入する人は多いです。 しかし、車購入にあたって利用したいマイカーローンには、たいていは事前の審査があり、この審査が厳しくなってきたという現状もあります。 キャッシング 審査 甘いに越したことはありませんが、 年収と勤続年数が合わないと見なされたり、他にもローン払いを利用していたり、思わぬ点が引っかかり、まさかの審査に通らない結果になる可能性が高くなってきています。 しかし、勤務の関係や生活関係の事情で、車が必要な場合もあります。 しかも、一括購入ではなくローン払いでないと購入が難しい場合も考えられます。 そのような時のために、最近は、従来のものとは違うマイカーローンが登場しているのです。 それは、保証人不要や担保不要であったり、比較的低金利であったり、借りたい額によっては収入証明書等が不要であったり、というタイプのものです。 ですから、従来のものよりは、車購入の支払い用として借りやすい形になっています。 このようなタイプのものも最近はありますので、車購入での支払い方法を考える時の選択肢の一つとして入れておくのもよいです。 ただし、気をつけなければならないのは、どのようなマイカーローンを組むにしても、月々の支払い額を無理がない範囲で抑えられるようなローンを選ぶことです。 せっかくの車購入ですから、途中で支払いが滞ったり払いきれなくなったりというような事態にならないよう、あらかじめしっかりと考えておく必要があります。

クレジットカードキャッシングカード違いは

クレジットカードとキャッシングカードの違いが分かりますか。 クレジットというのは、直訳すると「信用」といった意味になります。 クレジット、つまり信用で買い物することができるのがクレジットカードです。 信用があるということで、現金で支払いをしなくても、カードを使うことで後払いで買い物をすることができます。 後払いといっても、一括払いの場合は利息などが付かないのが普通です。 このカードを発行しているのは、信販会社や流通系の企業などになります。 それぞれの利用者の信用力に応じて、限度額が決められていますので、その限度額内なら何度でもショッピングに利用することができるのです。 一方、キャッシングには、「現金に換える」という意味があります。 現金に換えるという意味の通り、キャッシングカードを使うことにより、小口の融資を何度でも利用することができるのです。 お金が必要な時に、提携のATMで借入をすることができます。 キャッシングカードも、審査によって決められた限度額内であれば、何度でも好きな時に利用できることができ便利です。 クレジットが一括払いなら利息などが付かないのに対し、一括払いであっても利息が付きます。 発行しているのは、銀行や消費者金融、信販会社などです。 クレジットカードにもキャッシング機能が付いているものもあります。 このキャッシング機能を利用して小口融資を受けた場合も、ショッピングの場合と異なり一括払いでも利息が付くのが普通です。

▲pagetop